10月 1, 2014
アバクロの前途は多難 (2ページ目):日経ビジネスオンライン

"アバクロのブランドの歴史を調べてみると意外に古い。Wikipediaによると1892年創業とある。「創業当初は創業者であるデイビット・T・アバクロンビーが高品質なキャンプ・狩猟関連用品を商品として提供していた。1900年に顧客だったエズラ・フィッチが経営に参加し、1904年から「アバクロンビー&フィッチ」となった。元々は男性向きの無骨な商品がメインであり、冒険好きで知られたアメリカ人作家のアーネスト・ヘミングウェイもよくここで洋服や釣り道具を購入していた」(Wikipediaより引用)というから驚く。

 しかし、1988年にリミテッド(現リミテッド・ブランズ)により買収され、1992年にマイケル・ジェフェリーをCEOに迎えてからは方針を一変させ、20代前半をターゲットにしたセレブ風カジュアルブランドに変身したというのが現在に至る経緯である。

 現在、このセレブ風カジュアル路線が行き詰まりを見せていることを考えると、原点回帰するのが意外に有効な打開策なのかもしれない、などと、外野にいる筆者は考えてしまう。そう、文豪ヘミングウェイが愛した質実剛健なアメリカントラッドカジュアルブランドへの回帰である。かなり危険な賭けだとは思うが、低価格競争に晒されるであろうロゴマーク削除という方策よりは、はるかに有効ではないだろうか。ロゴのステイタス性が低下したからロゴを削除するというのはいかにも場当たり的な対応に見えてしまう。もしくは他社ブランドと区別ができないようにしておいて、どさくさまぎれに売ろうとしているとも見えてしまい到底妙手とは思えない。”

おお。「アメリカントラッドカジュアル」。ええがな~。

9月 30, 2014
"

問 ところで、これからいちばんおやりになりたいことは……。

答 健康を少し取り戻さないかん。

問 特別な健康法がおありですか。

答 それはないです。もう自然のままですな。しんどいときは寝るという程度です。まあ、歩かないかんということを聞いているんですけどね。ぼくは42年間、車に乗っているんですよ。大阪では知事さんが1号で、ぼくが59番目ですわ。タクシーに乗っているときは非常に安易なものです。何も心配せえへん。衝突してけがせえへんかぐらいのものだ。それが、自分の自動車に乗っていると、人にけがさせへんかとか、いろいろなことを考えて、タクシーに乗るよりも気を使いまんな。

 私は自動車を買って初めて、持てる者の悩みを知ったんですわ。早くいうと、何もないのがいちばん楽でっせ。持ってみればそんなもんです。だからあまり人をうらやんだりせん方がよろしおますわ。

"

“経営の神様”松下幸之助氏が説いた「経営の要諦」 (7ページ目):日経ビジネスオンライン

9月 30, 2014
"アップルはハードからソフト、デザインに至るまで製品のすべてを自前で作れる最後のパソコンメーカーなんだ。私は参考となる企業としてソニーに注目しているんだけど、その理由はソニーが製品のソフトもハードもデザインも、すべてに責任を持つ体制を敷いているからだ。家庭向けでは、これが重要だと思う。"

帰ってきたカリスマ、スティーブ・ジョブズが語るアップル再生の秘密 (4ページ目):日経ビジネスオンライン

9月 30, 2014
"

経営のリーダーたちは、次なる時代に備えることができるのだろうか。未曽有の変化にあって、それは無理だ。では、不透明な時代にあって先見の明のあった指導者は歴史の中にいなかったわけではない。釈迦、キリスト、マホメットを挙げることができるが、もっと身近な人物を求めるなら、明治の指導者たちに学ぶべきだろう。

 私は少なくとも60年以上にわたって日本への関心を持ち続けてきた。そして、私は発見した。明治の指導者たちの成し遂げたことほど、人間の歴史の中で興味深いものはない。明治の指導者たちが達成したのは、近代国家への脱皮という変化を遂げつつ、日本的価値観を維持するという連続性とのバランスを上手にとったことだ。

属国とならないために西洋化を決意

 傑出した指導者が1人を指摘したいのではない。吉田松陰の松下村塾で学んだ塾生をはじめ江戸末期に学問を修めた人たち全部が、この時代の世代が明治維新を起こすエネルギーとなった。立場はさまざまあり、また、西洋的な個人主義を目指したわけでもないが、彼らには共通の目標があった。それは、西洋に隷属する国にならないためにこそ、西洋から近代化のための技術を導入すべきだと。西洋の鉾を持って、自らの盾としたのだ。

混迷期を国家独立に尽くした
明治の指導者たちに学べ。
体制変革と価値の維持を両立

 明治維新が起きるおよそ10年前の1857年、インドでセポイの反乱が起きる。インド北方の都市で英国東インド会社に雇われていたインド人傭兵が暴動を起こし、全国へ広がった事件だ。反乱そのものは、英国側の反抗で鎮圧されてしまう。この反乱は、近代化が阻止された最後の試みと位置付けられるのだが、ここで指摘したいのは明治の指導者たちはこの事件のことを教訓にしていたということだ。

 鎖国状態を続けて近代化を阻めば属国になる。ならば、日本国が独立した国として近代化を成し遂げるべきだと彼らの認識は一致した。独立国家を維持するために、西洋の技術を導入し、近代司法制度や大学教育システムを導入した。属国とならないために、西洋化した。明治維新のリーダーたちの優れた点はまさにここにある。

 新しく訪れる情報化社会がどのような姿なのかを正確に言い当てることは困難だし、優れた指導者であろうともそのための準備をすることはできない。しかし、明治の指導者たちは、我々が直面しているのと同じ混迷期に生きながら、維持すべき日本的な価値とは何か、変革すべき点は何かを心得ていた。我々は明治の偉人たちに学び、21世紀の情報化社会の到来に備えるべきだろう。

"

ピーター・F・ドラッカー大いに語る (6ページ目):日経ビジネスオンライン

9月 30, 2014
"

だから、私はクライアントに警告している。チーフ・コンピューター・オフィサーがいても駄目だ。彼らをチーフ・インフォメーション・オフィサーに育てるべきだと。

 ドラッカーという私の名前はオランダ語で「印刷」という意味で、先祖は植字工だったからよく知っているのだが、コンピューターは、データを変換する機能という点で500年以上も前から行ってきた植字技術と何ら変わらない。何日もかかっていた植字の仕事を数分で行えるようになったことが、コンピューターの優れた点だ。

 コンピューターは自動車工場を自動化するなど運営面では絶大な効果を人類にもたらしたが、「情報」の変革という点から見れば、印刷技術が発明された時代と変わってはいない。情報化社会の衝撃度は、おそらく印刷革命を上回るものだが、コンピューターやインターネットによって便利になったことが、革命そのものだと勘違いすべきではない。

"

ピーター・F・ドラッカー大いに語る (4ページ目):日経ビジネスオンライン

9月 30, 2014
ピーター・F・ドラッカー大いに語る (4ページ目):日経ビジネスオンライン

"それに比べれば現在のハイテクは社会構造を変えるまでには至っていない。高度に発達したコンピューターでさえ、内部のデータを加工するに過ぎない。にもかかわらず、何か素晴らしい情報が入っているのではないかと催眠術にかけられ、コンピューターに入っていない重要情報に注意を払わなくなっている経営者が多い。これは、明らかな逆行だ。"

"コンピューターに入っていない重要情報に注意を払わなくなっている経営者が多い。"
ハイ、ここテスト出ますよー。

9月 27, 2014
izumitomoki:


NO RESTROOMS. TRY AMAZON.

(Sarcastic Borders Bookstore Sign: Winning (PHOTO)から)

izumitomoki:

NO RESTROOMS.
TRY AMAZON.

(Sarcastic Borders Bookstore Sign: Winning (PHOTO)から)

9月 27, 2014
"店じまい直前の大手チェーンの本屋が「トイレは貸しません。借りたい人はアマゾンで借りろ」って張り紙してたのはとても真理を突いていると思った。"

栗原泉(秋の夜長にシエスタ中)さんはTwitterを使っています: “アメリカの大手チェーンの書店もボコボコ潰れてる時代ですからね。店じまい直前の大手チェーンの本屋が「トイレは貸しません。借りたい人はアマゾンで借りろ」って張り紙してたのはとても真理を突いていると思った。” (via izumitomoki)

(izumitomokiから)

9月 27, 2014
"昔回転寿司で「回ってるやつ取るより注文した方が新鮮なの来るよ」って言ったら岡田将生みたいな男の子に「僕は回ってるやつを取るのが好きだから回ってるやつを取るよ」って言われて、私は最低だ…私みたいな人間がいるから戦争は無くならないんだ…って思った。"

ぎゅうにゅうさんはTwitterを使っています (via yasunao)

(cametan-001から)

9月 27, 2014
onlylolgifs:

Unlocking every iPhone at once

onlylolgifs:

Unlocking every iPhone at once

(fastcompanyから)