8月 1, 2014
"

「いい人」を信用するとひどい目にあうこともある。

 「いい人」をやめるというのは、自分のメンタルヘルスのためだけではない。

 相手にも無用な圧力を与えないで済むし、本音で会話がしやすくなる。また、相手の自由な発想も引き出せるので、変革の時代のリーダーには必要なものだ。

 要するに、「いい人」をやめるほうが、親友もできやすいし(その代わり、敵も作りやすいが)、面白い意見にも出会えるはずだ。

 私は、今回、「いい人」の害やそれへの付き合い方をまじめに考察して本を書いた。『いい人は本当は「怖い人」』(新講社)である。

 「いい人」とおさらばしようというのは、自分のことだけでなく、相手が「いい人」なら縁を切りなさいという意味もあるのだ。

"

いい人は、本当は「怖い人」である(6/6) | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

8月 1, 2014
"

「いい人」は責任を避けたいし、いい顔をしたい
 「いい人」がマジョリティでいる限り、自分の意見は「正論」である上に、周りも同じ意見なのだからということで、その正しさを疑うことはない。だから、押しつけがましくなりがちだ。戦前の日本で、「日本は負ける」と言えなかったように、「いい人」の間で正論が決まってしまうと、真実がねじまがってしまうこともあるのだ。

 一部に凶暴な人間もいたようだが、私は、前の戦争のとき、日本にしても、ドイツにしても、「いい人」が「いい人」の流儀を通そうとして起こした要素が強いと考えている。どんな戦争も「正義のための戦争」なのである。利益を得るための戦争のほうが、損得を考えて行動できるため、まだ、ましな判断ができるかもしれないとさえ思える。

 ここまで大げさな話でなくても、たとえば「いい人」がつるんで、暑気払いをやろうなんて話になったときに、「パス」と言うと、「職場の和を壊す奴」みたいな攻撃の対象にされてしまう。「いい人」なのに、逆らえないのである。

 いっぽうで、「いい人」は責任を避けたいし、いい顔をしたいため、一対一の関係では、相手を否定しないところがある。たとえば、ある提案をした際には、「なるほど」とか「そういう考えもあるね」というようなあいまいな言い方をする。しかし、これはYESと言っているわけではない。

 うまくいったときは、「私もそう思っていたよ」ということになるが、うまくいかなかったときは、「YESと言ったわけではない」と逃げるわけだ。

"

いい人は、本当は「怖い人」である(5/6) | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

8月 1, 2014
"

「いい人」というのは、確かに一対一のときは、相手に気を遣う。しかし、集団のときは、なるべく周囲に嫌われないようにという話になるので、マジョリティの意見に従いやすいし、正論ばかりを論じがちだ。

 結果的に、周りが「いい人」ばかりだと、建前ばかりを聞かされ、こちらが息苦しくなることは珍しくない。

 先程の例でいくと、「いい人」みんなが「これからはスマホ」と言っていると、「ガラケーのよさもある」とは言いづらくなるし、「円安で日本経済が立ち直る」とみんなが喜んでいるときに「円高でも売れる高級商品開発を目指すべき」などとは言いづらい。

 「いい人」の側は、自分の欲望を押し殺して、「正論」を主張しているのだから、それに従わない人間は、「わがまま」に映るだろうし、不快感を覚えるだろう。

"

いい人は、本当は「怖い人」である(4/6) | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

8月 1, 2014
"

つまり、外国に対して、「いい子」「いい人」でいたいのだ。

 あれだけトラブルが少なく、ウイルスなどの入り込む余地のなかったガラパゴス携帯があるのに、外国に合わせてスマホに変えないといけないという強迫観念。PCはPCでOSはWindowsでなければいけないという強迫観念。そうでないと世界で戦えないと思っているのかもしれないが、米グーグルがOSを作り、MacでもWindowsで作ったファイルがいくらでも読める時代なのだから、トロン(TRON)のような、もっと日本流をうまく生かせなかったのかと残念でならない。

 私のPCやスマホにしても、手抜き製品による被害なのではなく、メーカーが「いい人」として、外国製品に合わせようとして、本来のユーザーの願いにマッチしていないということなのだと思うようになった。でも、「いい人」では抜きんでたものは作れない。

"

いい人は、本当は「怖い人」である(3/6) | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

8月 1, 2014
"

ミツハシ すごくいいですね。でも、一つ気になることがあります。相談者は「もっとどうでもいい、くだらない、今までの私からしたら考えられない無駄遣いをしようと思い」と書いていますよね。シマジさんのプランだと優雅すぎて「どうでもいい」「くだらない」無駄遣いとは言えないような気がします。相談文を読む限り、これまで堅実なお金の使い方をしてきた相談者は、自分の常識的な枠を壊すためにあえて無意味な浪費をしてみようと思っているような感じがしますが。

シマジ  そういうことなら夜中に部屋を真っ暗にして20万円のお札を灰皿の上で燃やし、それを灯りに本でも読めばいい。だが、そんなことをしたからと言って、何かの枠が外れ、これまでとは違うものの考え方をできるようになるわけではない。単に罪悪感に襲われるだけのことだ。

 浪費というのはロマンチックで優雅でなければいけない。相談者はこれまで、生きていくうえで欠かせないモノや、そこから何らかのリターンを得るための資格などにお金を使ってきた。だが、そうではない浪費の魅力にも気付いた。ここで大事なのは、浪費というのは無意味なことにお金を使うことではなく、それがなくても生きてはいけるが、それがあればもっと人生が楽しくなる何かにお金を投じることであると理解することだ。

 俺の場合、浪費の原則は「美しいモノを見つけたから買う」だ。美しいモノに淫し、それがほしくてたまらないから買う。美しいモノに心を勃起させ、そして思わず射精するというのが、俺にとっての浪費なんだ。つまり、浪費には原理原則が大事なんだよ。

"

【256】優雅な浪費が人生を豊かにする(3/4) | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

8月 1, 2014
"

僕自身がそうでしたが、大切なのは「内省」と「自己洞察」です。自分はこれまで何をやってきて、なぜそうしてきたのか、NPOの代表のように本気でやりたいことは何かということを見つけるためのワークショップなどを開催しています。

 ここまで来て次に考えたのが、本業にいかに還元するかということでした。

"

【2】「二枚目の名刺」のスキルを本業に生かす 富士ゼロックス 杉谷昌彦氏(前編) | BizCOLLEGE <日経BPnet>

8月 1, 2014
"

 相手が工業製品なら、不良品を許さないQC(品質管理)運動にも一定の意味はある。
 たった1個の不良品を追跡するところから出発して、生産工程をすべて見直す作業も、無意味とはいえないだろう。

 というのも、工場の生産ラインのような完全に制御された過程の中から出てきた不良品は、丹念に分析すれば、エラーの原因を必ず特定できる物件だからだ。

 しかしながら、学校は工場ではないし、子供たちは工業製品ではない。
 教育の目指すゴールも、効率や均一性ではない。歩留まりでも生産速度でもない。

 とすれば、ごく稀な例外のために、全体のラインを見直すことは、教育そのものの質的向上に寄与しない。
 むしろ、過剰反応は教育課程の恒常性を毀損して、そこで学ぶ子供たちに無用の動揺を与えるかもしれない。

 子供たちの自殺や殺人、およびそれらの未遂事案が総体として減っているのであれば、「命の教育」は、一定の成果を上げているはずだ。

"

「命の教育」はQC活動じゃない:日経ビジネスオンライン

7月 31, 2014
"「NO NUKES! NO ABE!」のプラカードを持ったオッサン達がデモ帰りなのか山手線に乗ってきて「やっぱり電車の中は涼しくていいなぁ~」と言いながら、自分たちの活動の映像をスマホ開いてチェックしてたのでロックだなって思いました。"

Twitter / tororosoba (via katoyuu)

(katoyuuから)

7月 31, 2014
yukiminagawa:

bgnori:

https://twitter.com/lethal_notion/status/493889216623812609 これです、これ。「民間警備会社」って書いたけど、これ。 @trmgw: 辺野古では~米軍を日本の警察が守り、日本の警察をアルソックの警備員が守っている http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1406548684/ … pic.twitter.com/ADbBzERINJ
 なんかシュール. どうしてこうなった.

工事受注業者が民間警備会社に工事現場警備を発注。 ↓警備員だけで現場を管理できない状況なので、警察の出動を要請。 ↓警察は現場に出場したが、警備主体はあくまで民間警備会社であるため後詰に回る。 ↓警備員が活動家に押しやられて、後詰の警官隊の位置まで後退。 ↓『米軍を警察が守り、その警察を警備員が守ってる!www』
※状況がより悪化して警備会社による対応が不可能(暴動)と判断されない限り、警察官は民事である工事現場警備には直接対応できない。

yukiminagawa:

bgnori:

https://twitter.com/lethal_notion/status/493889216623812609
これです、これ。「民間警備会社」って書いたけど、これ。 @trmgw: 辺野古では~米軍を日本の警察が守り、日本の警察をアルソックの警備員が守っている http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1406548684/ … pic.twitter.com/ADbBzERINJ


なんかシュール. どうしてこうなった.

工事受注業者が民間警備会社に工事現場警備を発注。
 ↓
警備員だけで現場を管理できない状況なので、警察の出動を要請。
 ↓
警察は現場に出場したが、警備主体はあくまで民間警備会社であるため後詰に回る。
 ↓
警備員が活動家に押しやられて、後詰の警官隊の位置まで後退。
 ↓
『米軍を警察が守り、その警察を警備員が守ってる!www』

※状況がより悪化して警備会社による対応が不可能(暴動)と判断されない限り、警察官は民事である工事現場警備には直接対応できない。

(katoyuuから)

7月 31, 2014
"

消費行動は投票行動

 今では新入社員を毎年採用できるほど「会社らしく」成長している。売り上げの目標を尋ねると数字の答えの代わりにこんな返答が返ってきた。「お客様の消費行動は、投票行動だと思っています。利益は私たちのコンセプトに共感してくださったお客様の『支持』の量。大事なお金を預かっているのだという気持ちでいます」。

 好きな言葉は、高校生の時に出会った近江商人の言葉、「三方良し」。自分が楽しい、相手も嬉しい、社会にとってもいい結果をもたらす。その3つが成り立つことを常に重視する。「一番大事なのは私自身がやりたいかどうか。そうでなければ続かないから。よく『矢島さんは社会貢献をしているね』と言われますが、やりたいことをやっているだけ。もっと言えば、伝統産業を『救いたい』と思ったことは一度もないんです」。

 その「支持」を永続してもらうためには、利益を元手に次にどんなことに投資するのかという判断が重要だという。「いくら稼ぐか」より「どう使うか」に心血を注いでいれば、自ずと結果はついてくるはず。矢島の挑戦はこれからも続く。(文中敬称略)

"

伝統産業を救うという気持ちはない:日経ビジネスオンライン